ETCカード簡単解説ガイド TOP → ETCとは? ETCの仕組み

ETCの仕組み

ETCを利用して有料道路の料金を自動的に支払うためには、自動車にETC車載器と呼ばれる機器をセットする必要があります。それと同時に料金精算をするための、クレジット会社が発行しているIDカードであるカードを差し込みます。

これを搭載した自動車がETC対応の料金所を通過する際に、自動的に料金所に設置されたアンテナと車載器との間でデータを無線交信し、料金データをやりとりするのです。そして使用した料金は、ETCカード発行会社へ数日後に支払う仕組みになっていて、クレジットカードを通して後払い清算されます。

車載器というのは料金所ゲートと無線で連絡を取っているので、入り口と出入り口の2つの支払いを自動で行ってくれます。何も問題がなければ料金所のバーが開いてレーンを通ることが出来ます。そのためETCを搭載している場合は車を止めずに、そのまま通過することが出来ます。

有料高速道路料金所のアンテナとETC車載器のアンテナとの間の、無線での正確な情報交信をするためには、20Km/h以下走行で通過する必要がありますので気を付けるようにしましょう。

ETCは、通信と料金の収受に関わるすべての規格が統一されていますので、車載器のメーカーとカードの発行会社の組み合わせがどんな場合でも関係なく利用することが出来ます。自分のカードを人から借りた車載器に挿入して使用することもできますので、大変便利といえるでしょう。


ETCとは?


【骨盤矯正ベルト・腰痛ベルト】コシラック
http://store.shopping.yahoo.co.jp/koshiluck/koshiluck-belt.html